Diving beetle

dbeetle.exblog.jp ブログトップ

<開幕まであと11日(11/26放送分)>

ズームイン!!SUPERの1コーナー。



サッカー解説者・中西哲生さんによる「サッカークラブ世界一決定戦 トヨタプレゼンツFIFAクラブワールドカップ」直前情報。


昨日からはじまりました。


個人的学習のため、今日からこのコーナーを視聴してみようと思います。(書かないと学習しないんで^^;超個人的理由で書いてます)


*以下番組より抜粋メモ


世界6大陸の代表が日本に集まるクラブのワールドカップが来月7日から開幕。


1981年、ヨーロッパ×南米、2大陸の優勝チームが対戦して世界一を決めるトヨタカップが日本で開幕。25回の歴史の中ではスーパースターたちが人々を魅了。


そしておととし、大会の規模を拡大。世界6大陸、およそ200の国と地域のクラブに世界一へのチャンスを与え、トヨタプレゼンツFIFAクラブワールドカップとして新たに生まれ変わる。


今年の出場チーム。


開幕戦で激突するのがアジア準優勝のセパハン、オセアニア代表のワイタケレ。


アジア準優勝のイランのセパハンは、アジアCLの決勝で敗れはしたものの、浦和レッズを個人技とパスワークで最後まで苦しめた。初戦を突破すれば再びレッズと対戦する。世界の舞台でレッズへのリベンジは果たせるか。


オセアニア代表ワイタケレ(ニュージーランド)は、全員が他に職業を持つアマチュアチーム。選手たちが集まって練習するのは週3日のみ。それでもイングランドのクラブやニュージーランド代表の経験者を擁し、堅い守りで世界への切符を手にした。


その勝者と10日に準決勝で対戦するのがアジア代表の浦和レッズ。かつてはJリーグのお荷物とも言われた弱小クラブも、先月日本勢として初めてアジアCLを制覇。レッズ名物の真っ赤なサポーターと共に世界に旋風を巻き起こす。


9日、もう一つの準準決勝ではアフリカ代表チュニジアのエトワール・サヘル、北中米カリブ代表パチューカ(メキシコ)が対戦。


エトワール・サヘルはアフリカCLの決勝で、去年の大会3位のアルアハリを撃破。この勢いで次は世界一のタイトルに挑む。


パチューカはメキシコ最古のクラブで、サッカー大学を経営しているクラブ。プロ育成学部をはじめ、クラブ経営学部などもあり、広く学ぶことができるそう。ここで学んだ選手も数多く在籍。今大会の台風の目となることができるか。


そしてその勝者と準決勝で対戦するのが南米代表アルゼンチンのボカ・ジュニアーズ。過去2大会とも世界一となっている南米勢。トヨタカップ時代に2度世界一となり世界での勝ち方を知り尽くしているボカ・ジュニアーズ。勝負強さを武器にこの大会初制覇と南米勢3連覇を目指す。


13日、満を持して同じく準決勝から登場するのがヨーロッパ代表のACミラン。今年5月4年ぶりにヨーロッパCLを制覇した超名門。トヨタカップ時代に2度世界一になっている。実は2003年のトヨタカップではPK戦でボカ・ジュニアーズに破れ世界一を逃している。ボカへのリベンジはあるのか。ACミランが再び世界の頂点を目指す。


このコーナーでは今週と来週まで注目選手はもちろんのこと中西さんがイタリアACミラン独占情報やグルメ情報をレポート。

田中アナが世界一熱狂的なサポーターを持つあのボカ・ジュニアーズの秘密などをレポ。

中西さんがサッカー以外のこともリポートするのがこのコーナーの名物だそう。

あらためてこの大会のすごさ、重みを語る中西さん。

「この大会、もともと南米とヨーロッパのチームが世界一を争っていたんですけど、そのほかの地域のチームも世界一を目指せるようになった。それがすごく権威が上がった理由です。日本のチームも世界一を目指せるようになった。あとは賞金総額18億。優勝賞金が6億円。国際サッカー連盟も力を入れている戦い」

日本のクラブチームが世界を相手に本気でやったらどうなるのかまったく分からない。世界でどれくらいのレベルにあるのか知るためにも重要。

代表チームと違ってクラブチームは練習日数が多い。コンビネーションもまったく違うところがポイント。





ACミランって、あのパンツ一丁でピッチの芝食べたガットゥーゾたん、貴公子カカ様、発狂パフォーマーのインザーギたんがいるチームだね。楽しみだなあ。

日替わりの中西さんのファッションにも注目。今回は黒ジャケ、白シャツ、ジーンズでした。
[PR]
by nono_cc | 2007-11-27 21:40 | 徒然
line

書いてる人:のの@怠慢中


by nono_cc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite