Diving beetle

dbeetle.exblog.jp ブログトップ

<開幕まであと8日(11/29放送分)>

イタリア取材第2弾。ACミランのグルメな選手。





*以下番組より抜粋メモ


セレブが通うピザの名店・プリマフィーラの紹介。オリーブ・水牛のモッツァレーラトマトソース。約2,100円。

中「めちゃくちゃうまいっす。チーズがすげぇおいしい。生地もおいしいよ」


次がACミラン御用達の高級イタリアンレストラン・ジャンニーノ。店内にはACミランの選手の写真が壁一面。

ハ「居酒屋“力”みたいなもんですね」

中「ちがっ(笑) ま、ちょっと違うんですけど(笑)」


カカ選手がいつも食べてるメニューの紹介。手長エビのパスタ。約3,200円。


次はACミランの10番、セードルフ選手が経営する創作日本料理のお店へ。


お店の名前「FINGER'S(「フィンガーズ)」は、日本人が寿司を指で食べる事から。


メニュー紹介。ブラジルの哀愁(アボガドとサーモンの押し寿司)、1,900円。イカスミと梅のリゾット、2,200円。刺身とカルパッチョのトマトソース、1,900円。日本料理をベースに、イタリアとブラジル料理の要素をミックス。


マンゴーでご飯とウナギを巻いたウナギロール(2,200円)をいただく中西さん。


「おいしい」


オーナー・セードルフ本人が登場。

セ「日本の人も文化も大好き。もっと知りたいと思っている。いつか絶対、日本語を話せるようになってみせる。今回の来日では日本の朝食を食べたい。5年前の来日では朝、みそスープを飲んだよ」





セードルフさん、ブートキャンプの人かと思ったよ。とっても紳士的なイメージ。でもフィンガーズのメニューの破壊的な創作力はどうかと思う。


中西さん、英語ペラペラでびっくり。すげー。今日は赤の長袖シャツにジーンズでした。
[PR]
by nono_cc | 2007-11-29 22:42 | 徒然
line

書いてる人:のの@怠慢中


by nono_cc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite